期間従業員の仕事とは

期間従業員の仕事というと、いまいちイメージが浮かばない人も多いかもしれませんが、「自動車工場の期間工」という求人なら見たことがあるという人も多いでしょう。

住み込みの求人の情報が必ずあります。

一般的には期間工などと呼ばれることのほうが多いですが、派遣先のメーカーや雇用主からは期間従業員と呼ばれることのほうが多いようです。


期間従業員とは、契約社員のことですが、自動車工場や電子部品製造工場などで働く契約社員のことを、特に区別して期間従業員と呼んでいるようです。
しかし、特別な雇用形態なのではなく、一般的な契約社員での働き方となんら変わりはありません。

派遣会社から募集されていることも多いので誤解しがちですが、派遣社員とは違うので区別をしておきましょう。

派遣社員は、派遣会社に雇用されて、給料も派遣会社からもらいます。



それに対して、契約社員はメーカーとの直接雇用となりますので、メーカーでの福利厚生、厚生年金、社会保険などの待遇も受けられます。
大手のメーカーで勤務していれば、契約社員であっても社会的な信用がありますので、ローン審査やクレジットカードの審査などで有利になるかもしれません。
期間従業員は、期間の定めのある契約を結んでいますので、期間が終われば当然に契約は終了します。

NAVERまとめ情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

自動車工場などでは6ヶ月ごとの契約更新となっていることが多いようです。

契約が更新されることも多いようですが、必ず更新されるという保証はないので、期間が終了した後のことは必ず考えておきましょう。